FC2ブログ
タイトル画像

蔵の華 純米吟醸 浦霞

2020.01.14(06:00)

20200114uragasumi.jpg

一月も中旬に入りましたが、新年四本目のお酒はこちら、『蔵の華 純米吟醸 浦霞』。

宮城県塩竈市の酒蔵、株式会社佐浦さんのお酒です。

昨年の12月にJR上野駅で開催されていた宮城産直市でこの浦霞を見つけたのですが、

浦霞を見たら買って帰らなきゃいかんだろと思って買って来ました。




その佐浦さんの創業ですが、創業は古く江戸時代中期の享保九年(1724年)。

将軍徳川吉宗の時代です。

モットーは「本物の酒を丁寧に造って、丁寧に売る」こと。

「米・米こうじによりじっくりと心をこめて醸した高品質な酒を、

 誠実に丁寧に消費者の皆さんにお届けすることにより、

 日本酒の素晴らしさを伝えることができる」

と考えています。

酒銘である「浦霞」は、昭和天皇にお酒を献上した時に、

地元塩竈を詠んだ源実朝の以下の歌からつけたもの。

 塩がまの 「浦」の松風 「霞」むなり

  八十島かけて春やたつらむ


受賞歴は全国新酒鑑評会で平成二十七年から五年連続の金賞受賞の他、多数。



20191225katuyamaken4.jpg

こちらがその宮城産直市の様子。

宮城県内の色々な蔵が出店していました。

浦霞の旗も見えます。


ところで、佐浦さんのある宮城県塩竈市というと、東日本大震災で多大な被害を被った地域です。

佐浦さんも蔵の建物が損壊したり、1万本を超える出荷前商品や瓶貯蔵酒が破損したそうです。

現在はもちろん復旧されているようです。





20200114uragasumi2.jpg

そんな佐浦さんの『蔵の華 純米吟醸 浦霞』ですが、香りは吟醸酒らしい甘いフルーティーな香り。

かなり香り豊かです。

味は、旨味、甘味、酸味のバランスがとてもいい感じです。

味は結構しっかりしている感じですが、その一方で清麗な川の水を想わせるような透明感も感じられます。

バランスが良くてとても洗練された味わいのお酒です。

美味しいお酒というのは探してみると結構あるものなのですが、この浦霞は美味しさが一段違うという感じです。

久々に飲んだ浦霞、美味しかったです!。


蔵元:株式会社佐浦



20200114uragasumi3.jpg

画像が途中で切れてしまっていますが、本日は焼き鳥はんとさんで焼き鳥を買って来ました。



20200114uragasumi4.jpg

ご覧の通りの肉厚の焼き鳥。

美味しいです!。



20191221kirinsan4.jpg

こちらは私の好物のニンカワとニンモモ。

ニンニクの風味が美味しいです!。




↓よかったらクリックをお願いします。。。
にほんブログ村 酒ブログ 今日飲んだ酒へにほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
















スポンサーサイト




コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://boozersclub.blog55.fc2.com/tb.php/929-90952643